スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁を解く。いわゆる解禁

私、いわゆるひとつのポリシーとして「文字を拡大しない」というのを守っておりました。

ある種、活字を飯の種としておりますので、大きくしたり、色を付けたりしなくとも「これだ!」って部分は読み手に伝わるんだと信じたいんですよね。

が。

やっぱり、オチのとこは大きくした方が笑いやすいのかも? と思う部分もありまして。

今日は試しに「文字拡大」を解禁してお送りしマッスル。


……

昨日の新聞にて。

「タクシン夫人 帰国後に逮捕」という記事がありました。サワリの部分だけ再掲。

……

【バンコク8日共同】2006年9月のクーデターで失脚したタイのタクシン前首相の妻で、汚職防止法違反などの罪に問われたポッチャマン夫人が8日、香港から帰国し、バンコクの空港到着直後に警察当局に逮捕された。



あらら、帰国してすぐ逮捕ですか。

けど、私が気になったのはそこではなくて。夫人の名前。

ポッチャマン夫人?

名前だけで、その風貌が想像できますよ。

きっと、ワンピースが似合いますよ。

藤子不二雄(F先生の方)が描く「教育ママ」が掛けるエッジの尖った眼鏡が似合いますよ。

さらに、豆乳鍋つゆを買った日にゃぁ。



独り鍋で、豚肉バンバンぶち込んで、ペロリとそれを平らげますよ。

うん、間違いない。


広島ブログ

写真で現物を見ると、さらに驚きの結末が!

いったい、どうなってしまうのか!


…って、懐かしの番組ガチンコかよ。。

本当は、夫人なのにポッチャマンってとこにまず突っ込むべきだったかもと悔やむ私でしたとさ。

スポンサーサイト

Comment

ポッチャマン夫人だけ先に帰す夫がすばらしいです!
とりあえず様子見かいっって思わず突っ込みましたもん。

ひろしまん。さん

ですよね、「夫人なら逮捕はされても、命までは取られまい」という判断なのでしょうか。
2人の子どもがオボッチャマンだったら、もっと笑ってしまうのですが。そんなことはありゃしませんわな。
私も形態電話から見ましたが、大きさは変わらないんですね。ひとつ勉強になった。

No title

私が今までで?と引っ掛かった名前

「戦艦ポチョムキン」

ん~、乗ってみたい。 いや、やっぱりええですわ。(汗)

おボッチャマくん??

文字を拡大していただいたおかげで、
「ポッチャマン」を「ボッチャマン」と誤読せずにすみました。(^^;
Safariのフォントだとホント、見分けがつかんですわー。

のいどさんへ

確かに、「ポチョムキン」というのは、頭の中の何かを刺激する言葉であります。
ぽちょ、っとムキーン!…ヤバいっす、激ヤバっす。
子どものころは気づきませんでしたが、オトナになった今、そもそもロシア語って引っ掛かる名前が多いんだと分かりました。「~ビッチ」は全てロシアの名前だと思っていたので、「サノバビッチ」を初めて映画で聞いたとき、何でいきなりロシア人の名前を呼ぶんだろうと不思議に思ったものです。

マッシューちゃん

「ポ」と「ボ」が読み辛いのは、ホント困ったもんですよね。
タンポポとタンボボじゃ、全然違うのに、Safariの見え方はほとんど同じ。九州南部では放送禁止でありますからなあ、こんなこと書いてたんじゃ…

文字拡大はやるべきなのか、ポリシーを貫くべきか…
まだ悩むところでありました。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。