スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思春期的なるもの

こんにちは。

思春期に少年から大人に変わるつもりが、大人になりきれませんでした。

いうなれば、少年に毛が生えたような男です。



と。

「思春期」という言葉を聞くと、条件反射的に頭に浮かぶのが徳永英明。

思春期に少年から大人に変わる♪

…という歌詞。

含蓄ありそうで、まあよく読むと、当たり前っつーか、普通というか。

例えていうなら、

夜明けが来て、夜から朝になる♪

とか、

淡水と海水の間が汽水♪

みたいな感じ。

……



そんな、当たり前に誰もが通り過ぎる思春期。

先日書いた三浦哲郎の「忍ぶ川」を読んだのも、ちょうどそのころでした。

あらためて、オーディオブックで「忍ぶ川」を耳から読みました。

あのぉ~。


全っ然、エロくないんですけど…


主人公の生い立ちには陰がありますが、純愛のいい話。

エロではなく、愛。



そういえば、先日。

映画「恋する彼女、西へ。」を観ました(CS放映版)。

ネット上では、鶴田真由と池内博之の濡れ場が話題になってたようですが。


エロくない。今を求め合う純愛。


ここで、私は思いました。

思春期にエロいと感じたことを、今はそう思わないということは。


私の心の中には、もっともっとエロいことがいっぱい詰まっていて、この程度のことには反応しなくなったのではないかと。



やっぱ、大人になってるわ、私。

広島ブログ

そんなこんな。

本日の私の渾身のネタが冒頭の3行だということに、オトナな皆さんは気づいてましたか?

純愛を純愛として受け止めるためにも、エロい知識をたくさん詰め込みましょう。

…ってなわけで、

し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

エロぅなったね

とパパが言ったから
9月8日はハダカ記念日

7パパさんへ

あはは、うまいね。
今日は裸族になる日ですか。
実は最初「パリダカ記念日」に空目して、「なんでラリー?」と思ったのは秘密。

No title

思春期は情報量が足りなかった分妄想力がすんごかったんでしょうね~

ちなみにワタクシ、太宰治の「人間失格」やら「斜陽」を読み返して
なに甘えたことを言いよんなら!!と思ったんはやっぱ
大人になって酸いも甘いも噛み分けたから?
昔はうっとりとして読みよったのにな~(=∀=)

たぶたぶさんへ

私、つい先日、太宰治の「人間失格」をあらためて耳から読みまして。
「エロ漫画舐めんなよ。焼酎舐めんなよ。自分がどんだけ秀才か知らんが、お前には同情せん。っつーか、モテる秘訣、教えてくんない?」
っていうぐらい、イラっとしました。
え? 怒る場所が違う?(笑)

読者に「イラっ」とさせるのは、現代でいう「釣り」の技術なのだろうし、付き合った女性に「日記を書きなさい」と勧めるのは、「赤裸裸なブログかけば?」という誘い水。
太宰が今の世に生きていれば、ネット時代の寵児になったかもしれないなあ。
…な~んてことを思ったのは、酔っぱらって帰った午前1時前だったとさ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。