スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対カープ主義

こんにちは。

「プロ野球観るなら本州で」世代です。



私が小学4年まで、九州にプロ野球チームがありました。

ここでは仮に「ジッポライター・ランタンズ」としておきます。

この年のオフ(1978年)、球団は埼玉に売られることが決まりました。

仮にチーム名を「池袋から直通と見せかけ西所沢で乗り換えランタンズ」としておきます。
略称・所沢ランタンズ

この時期、私はちょうど自分が野球を始め、プロ野球のテレビ観戦も大好きになり始めたころです。

今の人にはピンとこないかもしれませんが、このころのプロ野球は、


北は埼玉から南は広島まで12球団
狭っ!

という体制でした。

もっと詳しくいうと、


関東6(巨ヤ横ロ日西)、関西4(神急近南)、中京1(中)、広島1(広)


プロ野球ってのは、日本を代表する人気スポーツでありながら、三大都市圏に集中し、かろうじて広島に1球団があるだけだったのです。


カープ1


んで。

プロ野球が好きだった、かげさん少年。

18歳になって、進学を考えることになりました。

「関東、関西、広島」の大学を受験し、その中から広島を選択(?)したのです。
だって、本州に出るんだったら野球観たいもん。

広島ブログ

今日はもう少し長くなりますよ。

生まれて初めて観たプロ野球のナイトゲーム。

コウモリが飛び交う広島市民球場でした。

ただただメガホンを握り絞め、その場でプロ野球を観られることの喜びを噛み締めていたのでした。

衣笠祥雄さんの2131試合連続出場の世界記録(当時)は、レフトスタンドから観戦していました。

私の記憶だと中日戦で、落合博満さんが私の席の前にホームランを打ったんだよなあ。

カープ2


時は経ち、1991年。

広島に残ることを決意し、社会人1年目となりました。

実を言うと。

1987年4月から1990年秋までの大学4年間、幾度となく市民球場に足を運んだのですけど、


カープは一度も勝ちませんでした。


これは、後に「あれ?」と思ったんですけど、学生時代には一度もヒーローインタビューを見たことないんです。

1991年はカープが快進撃、佐々岡さんが若きエースとして大車輪の活躍をしていました。

秋以降、市民球場の主催ゲームは毎試合、スタンドを駆け回ることになります。

試合を楽しむことはできないけれど、わくわくする毎日でした。

ちょっとカッコつけて言うと「広島の新たな歴史を肌で感じる」日々。

そんなこんな、1991年、カープが(現時点で最後の)優勝を果たした日、3万2000人の観衆とともに、市民球場の外野スタンドにいました。

……



私は3人の子がいます。

♀、♀、♂の順。

最後の♂には、私の野球好きの願いを込めて、この一文字を名前に入れました。





カープとは別に、ずっと好きだった「あぶさん」の南海ホークス。

うちの故郷の島、九州にやって来てくれた福岡ダイエーホークス。

そして今の、福岡ソフトバンクホークス。


王さん


1999年、ホークスが福岡に来て初めて優勝を決めた日、私はバックネット裏の内野席でオイオイ声を上げて泣き、喜びました。

ホークスの勝敗を気にするのは、常にプライベートの状態です。

勝ったら喜び、負けたら悔しがる。どっちも心底。



対し、カープの勝敗。

勝ったら喜んで酒を浴び、負けたら悔しさをぶちまけて泣き叫ぶ…

…という立場ではないわけです。

私の子ども時代からの念願だった「思い立ったら生でプロ野球を観られる」環境はここにあるけれど、あまりにも感情移入をしては、普段の仕事に支障を来す。

「お前はどこの球団が好きなん?」と尋ねられたら。

私は敬意を込めて、こう答えるようにしています。


ホークスはファン。カープは飯の種。


実は、今の仕事ではカープが勝っても負けても飯の種にはなってないんですけどね。。

ともかく。

私はカープが勝っても負けても、常に冷静で居るべく「飯の種」と思うようにしているということ。

そりゃあーた、試合観戦に行ってて、岩本がホームラン打ったら「うわぁーー!!!」て叫ぶわいや。

けど、そういう「ファン気分」をなるべく仕事に持ち込まないよう、自分に課しているわけだな。


すっげー魅力的な女性と同居してるけど、戸籍上は妹だから、好きにならないようにしてる、みたいな。
「みゆき」ですってば



現在。

プロ野球は、北は北海道から南は九州まであるわけですが。

支店経済の街といわれる4大地方都市「札仙広福(さっせんひろふく)」の中で、セ・リーグに所属しているのは広島だけ。

これは大きな強みでもあるし、逆作用する可能性もあります。

そんな広島。

私が、自ら住むことを決めた街。

地元球団が優勝するという高揚感を、子どもたちに是非、教えたい。

ありゃ、ホンマ、すごいと思うよ。

さようなら、広島市民球場。



ってなわけで、

し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。