スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡易式の日記風文章を更新

日本放送協会がやってる深夜放送といえば。

その名の通り、「深夜便」。

聴いているのは年配の方が多いそうです。

それゆえ、ゆっくりしゃべるとか、昔の曲を流すとかの工夫がなされているんだそうですが。

私がたまたま帰宅途中の車中で聴いたとき「そこまで配慮しているのか」と思ったことがあったので書いておきます。

……


それは。

蹴球の試合結果。

ここでは仮に、福岡対札幌の試合だとします(出てくる名は全て仮)。

「福岡対札幌は○日、福岡の本拠地の福岡で行われ、福岡が2-1で札幌を破りました。次節、福岡は相手の本拠地の徳島で徳島と対戦、札幌は本拠地の札幌で新潟と対戦します」

何だかまどろっこしいけど、分かりやすいといえば分かりやすい。

年配者に分かりにくい外来語は極力使わず、日本語に言い替えているわけです。

本来の番組だけならともかく、番組途中に流す試合結果の原稿まで手を入れるという徹底ぶり。

ぶっちゃけ「ほーむ、あうぇー」という言葉を知らない人が、蹴球に興味を持っているのかどうかという疑問はありますが、少しでも分かりやすく、という姿勢には好感が持てますね。

広島ブログ

今日は「深夜便」への敬意を込めて、片仮名を使わずに文章を書いてみました。

麦酒を飲むときも、朝日の超乾燥ではなく、麒麟の淡麗を飲むようにしますかね。あ、あれは麦酒ではなく、発泡酒ですけど。

……

皆さんも、片仮名を使わない文章を試してみませんか。

めちゃ、難しいですから。

蹴球用語は、外来語そのままのものが多いですよね。

昔、「おうんごーる」のことを「自殺点」と呼んでいたのは妙訳だと思ってましたが、どこからか苦情がきたのでしょうか。今は聞かれなくなった言葉です。

けど、「さどんです方式」ってのは直訳したら「突然死方式」ですからね。

外来語ならよくて、日本語に訳したら駄目出しされるというのも変な気がします。

それでは。

し~ゆ~~(←最後の言葉が英語じゃないか! という突っ込みはしない方向で…)

スポンサーサイト

Comment

かたかな

以前日記風電子覚え書きにてかたかななしを考えましたが
無理が多く面倒なので止めたことがあります

かげさんの最後の「またね」はおまけということで

No title

たまに特集が聞きたくて「深夜便」聞いています^^; 話し方そういえばゆっくりですね。それで聞きたいのに途中で寝てしまうんだ。。近々広島発の番組があるようです。

ハッスルカーンさんへ

カタカナなしの文章って、成立しないですよね~
「ブログ」の説明の場合、「簡易型の日記風サイト」とか「日記風サイト」という説明をするケースが多いんですけど、「サイト」をさらに訳そうとすると…止まってしまうぅ。。

あんまりカタカナばかり使わないようにしたいけど、訳しようのない外来語はそのままいくしかないですねえ。

おっちょこおばさんへ

私の場合、仕事後に「たまたま」流れていることがほとんど。
午前3時台とか4時台に「早起きして聴いています」とかいうはがきが読まれているのを聴くと、「わぁー、もう起きてる人がいるんだ」と驚きます。
「深夜便」といいつつ、「早朝便」の意味合いが強いようなので、夜更かしして聴くようにできてないんですよ。
ゆ~くっりしゃ べ って  い る  の を 聴  く と
眠くなりましゅるZZZzzz

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。