スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のタイトルは「イチニチ」ではありませんよ。
わたしのイチニチ!はこちら⇒

「きゅう」です、「旧」。

旧広島市民球場

久しぶりに、旧広島市民球場に寄ってみました。

「旧」の文字は、廃止された施設及び組織などに付けます。見出しの場合、小さい文字にするのがルールですが、いくつかの例外があります。

例えば「旧日本軍」。日本は憲法上、「新日本軍」は存在しないので「旧日本軍」は固有名詞的に使い、「旧」を小さく表記しません。

夢舞台


この例に近いのが、旧広島市民球場。

写真で分かるように「旧広島市民球場」という看板が掲げられております。

便宜上の名称ですけど、高校野球の会場名に使われる時は「旧市民球場」という名が正式名称のように使われています。

球場跡地利用について、市の発表がありましたねえ。

今も存在している物に対し、跡地という呼び名。何か、切ないなあ。

折り鶴展示室

球場は、食堂や球団事務所があった部屋は折り鶴展示施設になっています。

ひっそりと、静かに並べられた折り鶴たち。

この鶴を折った人たちの気持ちを考えると、焼却処分にせず、展示室を作りたいという思いも分かります。

市民の球場

スタンドに入ってみます。

グラウンドは今も、「市民の球場」として使われていました。

カープ選手が駆け回り、スタンドが歓喜し、そして市民が野球を楽しむ場。

分かっていたこととはいえ、取り壊されるのは寂しいなあ。

こんな平日の昼、草野球をする市民がいる街。

これこそ、「平和」なのではないかと思うのでありました。

広島ブログ

できる限り、旧市民球場の姿を記憶に残しておきたいと思います。

…ってなわけで、

し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。