スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブラブなもの

暇な時は、あれこれ空想してみます。

ふと、


「宝くじで3億円当たったら」


と考えてみました。

ペイオフを考えたら、1000万円ずつ分割して預けるとこを考えにゃいけんし、ファンドで運用するにもツテがないし。

自宅に通帳を置いてたら泥棒が入らないか気になって眠れないし。

いっきに散財したら、生活ペースが変わってしまって一家破綻……



…なんか、暗くなってきた。

………

……



と。


3億円みたいなデカい額じゃなく、その100分の1、300万円ぐらいで楽しそうなことを考えてみました。

私、昭和40年代の軽自動車を見ると、ワクワクするんです。

父親がスバル360に乗ってたし、ステップバンが停まってたら写真を撮りに近寄るぐらい。

それと。

車で旅をしてみたい。今は軽自動車のキャンピングカーってのもあるし。



というわけで。

この2つをまとめて実現するには。


現代の軽自動車をステップバン風に改造する。

その車を簡易キャンピングカー仕様にする。

さあ、これらを簡単に実現できるのか検索したら…すぐ見つかりました。

まず、ステップバン風に改造するにはこちら⇒

これはすごい。

ホンダバモスがステップバンにしか見えん。

後方からのフォルムはバモスのまんまだけど。。



もいっこ。

軽のキャンピングカーは三菱のミニキャブをベースにしたものがよく知られています。

ホンダバモスをベースに、自作でキャンピングカー仕様を作ってる都合のいい人なんているわけ…ありました⇒


軽のキャンピングカーで少しだけ困るのは。

5人家族なのに、4人乗り。

ま。

子どもたちが大きくなり、自分の時間がもっと自由になった時のために、自作の軽キャンピングカーの楽しみは取っておこ~っと。

広島ブログ

そんなこんな。

「宝くじ」でスタートした空想も、最後はフツーのテーマに落ち着きましたとさ。

結局、現実的に想像のできる範囲の空想が楽しいわけで。

っつーか、簡易型軽キャンピングカーなら300万円も必要ないでしょう。

自分の腕と時間は要るけど。


…ってなわけで、

し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

No title

宝くじ3億円~♪(^^)
そうそう
ありゃあね、働き盛りの男子が当てちゃいけません
その妻が当たるのがよろしい
うちも3億円当たったら人生変わりそうなんで
5千万円くらいでいいですよ~(綿密なシュミレーション済み)
でもね、旦那には絶対に教えん!
意地が悪げですか?いいえ、家族円満の為ですってば!
旦那が働かなくなったらお~ごとでしょ?
あっという間にお金なくなってまいますがな~
一家離散になってまうがな~

びみょ~に小金持ちっぽく生活します。
3枚980円の肌着が1枚1980円の肌着にするとかさっ
第3のビールが発泡酒にランクアップするとかさっ

こんなにかわいげにしとんじゃけ3億とはいかんまでも
1千万でも当たりゃええのに~

たぶたぶさんへ

アブク銭は男が持たず、妻が管理するのがよろしい…
…ってのは、落語で例えると「芝浜」ですね。
芝浜といえば、三代目桂三木助。
私のiPhoneには、三木助の芝浜、へっつい幽霊、崇徳院などなどがいつも常備されているのでございます。

…話が逸れた。
なぜ急に「3億円が当たったら」を空想したかというと、キヨシローさんが亡くなって1年が過ぎ、雑誌の特集を読みながら「宝くじは買わない」を口ずさんでいた自分がいたから。
そんなことを考えていると、今度は政府の事業仕分けで、宝くじ事業がやり玉に挙がっておりましたね。
私の空想は、意外とタイムリー(笑)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。