スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑いの神…おまけ

M-1でパンクブーブーが優勝することを伝える某ネットニュース。

優勝は…

大会委員長によると「楽な審査」だったようでありマッスル。

……



と。

この記事、何だか変なんですよ。

ちょいと拡大してみましょー。


優勝を争ったのは?


優勝を争ったのは「笑い飯島田紳助」「パンクブーブー」「NON STYLE」の3組だそうな。

いつの間に、紳助師匠は笑い飯とトリオになったのかと。

3人がボケ倒す漫才っても見てみたい気がしますが。

広島ブログ

そんなこんな。

元気にやっていきましょーっ!

…ってなわけで、

し~ゆ~~



スポンサーサイト

Comment

No title

お笑いを語るために、ついつい立ち寄ってしまいましたー!
やりましたねー!パンクブーブー!芸人の間では
「なぜ決勝に行けないんだ」と長年言われていたコンビだけあって
流石、そつの無い漫才でしたね。
私的には笑い飯の「鳥人」ネタを見れただけで幸せでした。
いやぁ~笑った笑った!2本目の「チン・・」ネタは・・・
これまた、流石!笑い飯!!ヾ(≧▽≦)
今年がラストイヤーかと思いきや、規定が変わって
どうやら来年もギリギリ出場できるらしいです。
「無冠の帝王」を貫けるか楽しみです(* ̄m ̄)

はいじさんへ

笑い飯が出られるってのは知らなかったので、今、調べてきました。
規定が変わったというか、規定の解釈の違いでOKになった?
これまでも、品川庄司が11年目に決勝に出てみたり、カンニングが11年目以降に覆面漫才師ということで、違うコンビ名で出場したり(準決までに敗退でしたが)、面白ければ何でもアリなんでしょうね。
パンクブーブーは、今回は持ち味を発揮しましたねえ。流れ的には「笑い飯に」という思いが審査員の中にありありでしたけど、チンネタの笑い飯では難しかったのかなあと(笑)
「鳥人」は、ウィキペディアでも盛り上がったみたいですね。
来年は、ナイツも巻き返しにくるでしょうし、若手も出てくるでしょうから、ますます楽しみであります。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。