スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員裁判

やや旧聞になりますが、裁判裁判が始まりました。

この言葉を聞くと、無駄に言葉が重なってるような気がするのは私だけ?

例えば、

地方交付交付金 とか

シルベスター・スタローン とか

ハンプティー・ダンプティー とか

アンドレ・カンドレ とか



おかしくないんだけど、口に出すと、なんか変な感じがするんです。



で。


今回の裁判員裁判のスタートで、一番気になったのは別のとこ。

裁判員が予断を抱かないよう、被告人の服装にも変化がありました。

これまで、普通のサンダルだったのが、革靴のように見えるサンダルになったのだとか。


あの~、

これ、欲しいっ!


仕事中につっかけを履くわけにはいかないけど、見た目が革靴だったら、他人の目(客人とか)を気にせず、履けるんじゃないかしら。

広島ブログ

誰か、どこに売ってるか教えて~~

…っと。ググったら、エキサイトニュースにありました。

値段は本革仕様が10,290~13,440円?

…そのお金があれば、革靴買いますわ。。。

うーむ。

アイデアと技能の詰まった品ってのは、安くないものですな。

うん、そういう世の中である方が、健全であると思いました。。。手が出ないのは残念だけど。負け惜しみ。



ってなわけで、

し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

No title

素人相手の裁判は、検察官も弁護士も大変そうですよね。
パッチンで留めるネクタイなら、高校時代の制服のがあります。
いかがでしょうか?・・・鮮やかな赤色ですが(≧▽≦)

今日のブログ内で、かげさんのキメ台詞、ちょっと拝借いたしました!
ありがとうございました☆
(って、勝手に借りといてお礼も変ですが)

はいじさんへ

パッチンのネクタイってありましたねえ。
息子の七五三の貸衣装が、パッチンだったかも。
はいじさんの鮮やか赤タイも気になるところでありマッスル。

裁判員。
やってみたい気もするけど、大変そうな気もするし。
一番問題なのは、せっかく裁判員になっても、ブログネタにできないこと。
おしゃべりの私に「シュヒギム」ってやつは、大敵ですわ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。