スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みろくの里、ガラスの里……

マスナガさんとこに書いてあった

「七夕」は「たなばタ」だから、「七」は「たなば」と読むと思った

って話に噴き出しそうになった私。

さすが、マスナガさんらしいエピソードだなあと。

「そういうことを思った」という事実はもちろんですが、いい歳のオトナになっても覚えているというのが、凡人ならざる部分だと思います。

え? 褒めてますよ、ちゃんと。

……



で。

漢字の勘違いを思い出したので、書いときます。

私のではなく、妻のですけどね。
以前、別のとこで書いたことある話ですけど。。。

五日市から廿日市に向かう直前に美の里って地名があります。「みのり」って読むんですよ、これ。

車で通ってたら、妻が「あれって何て読むの?」と尋ねてきたわけですわ。

私は「ミ・ノ・リだよ」と教えてあげました。



すると妻、「えぇっっ!!」っと大声でびっくりしまして。




「あれがミノリだったら、たった3文字でミノリのサトなん?」と。


一瞬、妻が何を言っているのか理解できなかったのですが。

よーく考えてみました。


美の里


文字の構成から妻は「ほにゃららのサト」と読むことに決めたようです。

焦点となるのは「美」の1文字。

ここは沖縄ではないけれど「ちゅら」的な、ほかの読み方を想像していたわけですな。

残念。

広島ブログ

そんなこんな。

日曜日の昼下がり。

どうでもいいことを思い出し、どうでもいいことを書いている私。

これから、競馬新聞を眺めながら、さらに楽しい日曜の午後を過ごしたいと思います。

楽に過ごしましょーよ、たまには。

…ってなわけで、

し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

No title

「みろくの里」と「みわくの里」を、どうしても間違えてしまう私です。
宮島のトライアスロンのゴールを「みろくの里」と言って、
夫を、廿日市から福山まで走らせるところでした。
夏休みに、プールを求めて「みわくの里」に行かないように気をつけます。
(もし、間違えたら、「ちゅーピープール」かな。)

柿さんへ

あはは、確かに「みろくの里」と「みわくの里」は似てますわ。
トライアスロンのゴールがみろくの里になったら、どんだけ鉄人レースやねん、と(笑)

ちゅーピープールには、我が家も1回は行く予定。
間違えても、間違えなくても、ちゅーピープールにもお出掛けくださいませませ。
ではでは。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。