スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッカーといえば、棚

昨日は仕事が休みでした。

妻も昼間出掛けていたので、ふらふら~と外出。

スーツをクリーニングに出したり、ビート号に油を食わせたり、近所の貸しスタジオに寄ったりして午後6時ごろ帰宅。

普段は6時にはご飯も炊けてないのに、上の娘がバレエに行く日だとかで、私をハネにして早めに夕食が終わっておりました。あはは。

うちの家族はこのよーに、それぞれのスケジュールを優先し、割と自由に行動してマッスル。

……

で。

今日は急遽、ドラムを叩いて来ました。

今回のライブではドラム以外で参加しようと思うとりましたが、一昨日、急に編成を変えようかという話になりまして。

ぶっちゃけ、どの楽器をやっても中途半端な私「何でもええよ」ということで、ドラムに戻ることになりました。

また「1、2、3、フォー!」をやっちゃろうかな(笑)

ま、ブログでもそうなんですけど、音楽やるときも「楽しけりゃいい」がモットーなもんで、それでいいんですわ。モットーもな意見でしょ?

……

てなわけで。

今回は、正真正銘のオリジナル曲をご紹介しましょーー。

タイトルは「ソング・オブ・ヤング」っていう仮題みたいなまんま。

最初の1分弱がMC、曲を合わせて4分ぐらいです。



………

……



ロックというもの、「今の世の中を肯定しない」ってのが私の中のイメージとしてありマッスル。

それとは別に、「世の中のことを淡々と伝える」という自分の仕事もあります。

てなわけで。

「世の中が変わったって、新聞の見出しが変わるだけじゃねーか」という若者の叫び風の歌にしつつ「新聞の見出しを変える現場は意外と大変なのよ」という奥深い(?)曲であります。

歌詞中、

ああいう、そういう、こういう、ジョーユー、アイラビュ~」ってとこは、12年前当時のインコ真理教事件になぞらえて作詞したもんですな。

意外と「韻を踏む」ってのは、息づいているんですよ~、takumi-chachaさんへ。私はラッパーじゃないですけどね。トランペットを吹くということでは、別の意味でラッパーですけど。

広島ブログ

てなわけで。

趣味は楽しけりゃいい~じゃないか。

観客を無視して楽しむってのが、私としては夢でありました。

では。

し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

No title

楽しそうで羨ましい・・・。
作詞では常識なんでしょう 「韻を踏む」。
ラッパーの会話の「韻を踏む」が
コーヒー飲む人から 「お手前」と聞くような意外さでした。
我が家に ドラムセット ギター アンプ サックス・・・・。
ホコリかぶって転がってますよ。
今 私 ローランドのハンドソニックが欲しい!!と
息子にねだってます ふふっ。
ダメだったら 自分で買おうか・・・・。

No title

訂正 「お手前」→「お点前」です。 

takumi-chachaさんへ

意外な組み合わせという点では、そうかもしれません。
三味線奏者が「グルーヴ感」とか「タテノリ」とか言ったりするみたいな。
あ、そうそう。
茶道をやっている知人は、普段は紅茶もテイスティングをやるそうで、和洋のつながりってのは割と色んなジャンルであるみたいですよ。
それにしても、数々の楽器、機材をお持ちなんですね。
最近は「オヤジバンド」ってのが市民権を得てますけど、これからは「オカーサンバンド」がじゃんじゃん出てきてもいいのではないかしら。

オリジナル曲キターーー

ノリノリのパンクに哀愁ただよう歌詞が、なんともROCKしとりますな!
というか、ここでもボーカルじゃない人がMCやっとるし(笑)
ああーっ楽しそうー。俺もこうゆう青春の延長戦をしたいものです。。

マッシューちゃんへ

うほうほ、お褒めの言葉、ありがとーござんす。
え? 褒めてない?(笑)
この曲は2度目か3度目の演奏だと思うんですけど、以前のアレンジは「もったりしている」と評判がよくなかったので、音数を詰めてテンポを上げようという話になりまして。できた結果がこんな感じ。
これを最後に、二度と人前に出てないんですけどね、あはは。

MCっつーのは、別にボーカルの特権じゃないっすから。
これ以前のやつだと、楽器を持たず、ただただしゃべっている時もありますよ。
もはや、バンドでさえない(笑)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。