スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半分…弱

私が勤めている会社の職場の、ごくごく一部で。

ダジャレを言う人がいます。それも、キョーレツなやつ。

え? それがねえ、主犯は私じゃないんですよ、私じゃない人々。



その方々がよく使うネタが、「ハンブンジャク」

漢字で書くと「范文雀」。

どゆときに使うかというと、隣の人が珈琲を飲んでたりしますね。

まだ残りはある、けど、かなり飲んでいる、ちょうどいい具合かなあと思った時に、

「珈琲、どこまで飲んだ?」と尋ねるわけですな。

するってーと、尋ねられた人は「半分、弱」って答えるのがルールです。


え? 何がおもろいか分からん?

えーんです、それがルールですから。

……

と。

「半分」の話を持ち出したのは、まだまだ枕ですよ。

こっからが今日のネタ。あまり期待せずに、読み逃げする準備をしながら、下にスクロールしてください。水泳で一番速いのはクロール。素クロール。


最近、パチンコ店の前を通ると「半パチ」とか「1円パチンコ」とか、看板が出てますよね。

パチンコを知らない人に解説すると、フツーのパチンコってのは、1玉=4円で貸してるんです。

半パチなら1玉=2円、1円パチンコは4分の1。

貸す値段が半分の場合、返す(景品に交換する)場合も当然、半分なわけ。



で。

半パチの看板のとこに、こういう文字が一緒に書いてあったんです。

「2倍遊べる」って。


…これって、おかしいと思いません?

………(考え待ち中)

……(考え待ち中)

…(考え待ち中)


何がおかしいかというと。


広島ブログ

↑あ、ここらで、ひと休みしてバナーをクリックでもしてくださいな。



パチンコってのは、最初から負けようと思って行くもんなんでしょーか?

基本は勝とうと思うて行くんですよね。


つまり。

玉貸しの値段が半分になれば、2倍遊べるっていうのは、「時間は2倍掛かるけど、おめーらがパチンコに使える予算を全部むしり取ってやるぜ」って、宣言しとるわけです。

そんなことを書かれて、何も怒らないのでしょうか、パチンコファンの皆さん。



ここはいっそ、半パチの看板には、

「ボーナス来ても、儲けは半分!」と書くべきです。

これで、ファンの目線に立った看板ができましたねえ。

温かいですねえ。



ただ、最大の難点は、「打ちたくなくなる」気分にさせることですわ。

わっはっはっは…


……

そんなこんな。

私はパチンコ(スロットメインでしたが)をやめて、随分と長いことが経ちました。

凝り性なもんで、攻略法を読んだり、小役拾いの目押しの練習をしたり、勝つための努力をしていると。

仕事になっちまうんです。開店から閉店まで、ずーーーーっと打ちっぱなし。通常の勤務より過酷になるっつーの。

人生を浪費してる感、たっぷり。

なので。

半パチの看板を見たとき、「2倍遊べるな」って感じる人が、ちょいと暇つぶし程度に行くぐらいがいいと思います。ただし、そういう打ち方をしては勝てません。

何事も過ぎたるは、なお泳がざるがごとし。素クロール。

ほどほどにしときましょーね。



ってなわけで、

し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

No title

わたしがたまに通勤するときに駅前のパチンコ屋さんの前をバスで通り過ぎるのですが・・
まぁ、朝から並んでるんですよね~、どーかすると建物を囲んでず~っと列が続くんですよ。
ってことは皆さん勝つ気マンマンなんでしょうね~・・
ずーっと負け続けたらたぶん止めると思うんだけど、勝てる日があるってことでしょうね~・・
パチンコをほとんど仕事にしているひとって多いんでしょうけど、五分五分でも食べていけないじゃんって思ってしまいますが。。

じゃこさんへ

私も若かりしころ、開店前から並んだことありましたよ、はい。
仕事終わって(深夜です)、そのままパチンコ店に未明から並び、ちょいちょい出したら、その後、また仕事。そんなことしてたら、2日ぐらい徹夜続けてたりしてるんですよ。あっはは(←笑い事ではない)
そのころは、攻略法をマスターすることが楽しくて、それを実践するためにホールに行ってたというのがあるんですけど、これが単純に「金」ってことになると、やめた方がいいと思いますね。私の個人的な意見ですが。

新装開店に並んでる人は、人生をすべてパチンコに注いでるわけではないと思います。っていうか、思いたい。ギャンブルってのは「失ってもいい金」でやってるから楽しいんです。当てること前提のギャンブルはいけませぬ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。