スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当はコワい家庭の医学

足や肘を擦りむいたら。

オロナインH軟膏か、

メンソレータムか、

そのどっちかを塗っています。

どちらを選ぶかは、その時の気分。



もし、その選択が間違っていたら…


キャーーー!!

広島ブログ

…ってか。

ほっといても、そのうち治るような傷にしか塗ってないんでしょーけどね。

気休め程度のような気がしなくもないけど、この2つの瓶が手元にないと、なぜだか心許ない。

おばあちゃんの薬箱には、オロナインとメンソレータムと、正露丸と絆創膏しか入ってなかった気がします。

「病は気から」とも申しますし、気休めの薬っては案外、大切なのかもしれません。



ってなわけで、

し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

No title

エト・・・うちには赤ちんも入っていました。。

オロナイン軟膏の効能
にきび・吹出物・はたけ・やけど(かるいもの)・ひび・しもやけ・きず・水虫(じゅくじゅくしてないもの)・たむし・いんきん・しらくも

すごいね~、オロナイン軟膏☆

No title

やっぱオロ軟膏いいっすね~
古き日本人のDNAがそうさせるんかこれ塗っときゃOKです。
わたしゃ手アレがひどくてハンドクリーム塗りこみよりましたが
ちょうど手元になかったときオロ軟膏ぬったらそっちのほうが
治りがええんですよ。(塗ってしばらくは手をもみまくりですが・・・)
ところで我が家ではオロ軟膏と言っておりますが
正式名称はオロナインH軟膏
で、Hってなんなんじゃろ?

じゃこさんへ

そうでした、そうでした、うちも昔は「赤チン」がありましたよ。
あの真っ赤な液体、どういう成分でできてたのでしょうか。

オロナインは万能薬ですよね、この効能は。
オロナインと、酒と、温泉さえあれば、どんな病気も治ってしまうことでしょう。

たぶたぶさんへ

オロナインH軟膏についてヤホーで調べてみました。
大塚製薬の公式サイトでは名前の由来は分かりませんでしたが、ウィキペディアの記載から抜粋します(情報の精度は…ですが)

当初は「オロナイン軟膏」、1969年に「オロナインD軟膏」と変更、72年から「H軟膏」と変更されたそうな。
「H」は成分の一つ「ヘキシジン」に由来するのだそうです。
いやぁ、エッチな想像をしていたワタクシ、反省しないといけませんね(汗)

以上、オロナインえっち軟膏な話でした。
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no007/long_seller/

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。