スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとまる話も一旦もめんと

年末年始の映画で、私がお薦めするのは。

「WALL-E」、「K-20 怪人二十面相・伝」、そして「ティンカー・ベル」。

理由は…私が既に観たってだけですが。。観てない映画は薦められませぬ。

この映画はいずれも見どころたっぷりですよ。今回のお正月映画はレベルが高いっす。ついでですが、アッシの映画の感想文はこちらでご覧いただけマッスル。

……


で。


一番最初に挙げた「WALL-E」。E.T.を角張った感じにした29世紀のお掃除ボロット…じゃなくてロボットが主人公。いやまあ「ボロット」という愛称がピッタリのかわいいアイツ。

彼が恋する相手のロボットの名はイヴ。クリオネ風の丸っこい猟奇的な彼女です。


と。

昨今の映画事情ってのは、一昔前と違うようでして。

劇場で映画を観る人が多ければいいってわけじゃない。もっといえば、興業収入が低くても、タイアップ収入、DVD化販売、グッズ販売、テレビとの相乗効果云々…によって、ウハウハ度がアップしたりするわけですな。

WALL-Eに出てくるイヴお嬢。ディズニーショップには、既に色んなグッズが並んでおりマッスル。

そのうちの一つ、イヴバッグがこちら。

イヴ?

………

……

…う~~む。これって全然似てないし。

なんつーか、子どものころに見た懐かしい何かを思い出すんですけどぉ。。。

何だっけ、この顔は。

あ! 思い出したですバイ。

こん人やった、待ちんしゃ~~い↓

本物の一反木綿

ゲゲゲの鬼太郎に出てくる一反木綿でしたバイ。

この写真は一反木綿のソフビ人形の写真なんですけど、イヴも一反木綿も、デフォルト…じゃなくてデフォルメしていったら同じ系統になっちまうんですな。

……


んで。


話の流れついで、E.T.とWALL-Eのおもちゃの写真も引っ張ってきてみましょう。

はい、ドンっ! ハイドンっていったら、くりくりパーマの音楽室のおっさん。

いーてぃー
WALL-E

……

なんなんでショーか、この座りの悪い感覚は。

E.T.の顔なんか、ダウンタウンのハマちゃんに「お猿の顔を描いてみそ」ってお題を出した時の珍回答みたいだし、WALL-Eはというと、写真を見るだけでプラスチッキーな臭いがしてきそうな質感のなさ。

なんでこうなるの?(by 欽ちゃん)



そんなわけなので、私の手乗りWALL-Eの写真をお見せしましょう。

こちら↓

手乗りウォーリー

なかなかいい味、出してるでしょ?

これ、劇場公開前に清涼飲料のおまけとして付いてたやつです。

買うよりもらった方がいいとなると、そりゃあーた、食玩コレクターが増えるのも分かるってもんですよ、はい。

広島ブログ

そんなこんな。

映画の話をしたいんだか、映画グッズの批判をしてるんだか。

あちこち飛んで、何かよう分からんようになりましたけど。


ともかく。

映画って本当に素晴らしいですね。

さいなら、さいなら、さいなら…

…ってなわけで、最後はやっぱり、

し~ゆ~~
し~ゆ~~
し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。