スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違ったダンディー

仕事に出るとき、スーツを着ることもあります。
いつも着るわけじゃないんですな。

上下揃いのやつを着ることは少なくて、上着とズボン、そしてカッターシャツは別々のやつをコーデネートします。こうでねえと。byコトバエ

今日、会社に着いてから気づいたこと。

上着、ストライプ。

ズボン、ストライプ。

そしてカッターシャツも…ストライプ

……

…やっちまったなぁ~。。。

ま、縦線の着てたらスリムに見えるっていうから、いっか。

何を着てもカッコイイからね、私。

…っていうか、何着ても、あんまり変わらんし。

広島ブログ

そんなこんな。

今日はヨコシマではなく、タテシマな考えでやってきましょー。

ってなわけで、

し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カギコメさんへ

スーツに萌え~てくだはいませ。
普段、少しばかりだらしない系の服を着ていると、スーツ着た時にカッコよく見える率が倍増するんじゃーないかと思うとります。

「七五三か」と言われるのが、ちと不満。

重箱の隅

スーツ=同一の布地で作ったひとそろいの服。男性の背広上下、女性の上着とスカートのひとそろいなど。
なんだよねぇ
故に、
「上下揃いのやつを着ることは少なくて、上着とズボン、そしてカッターシャツは別々のやつをコーデネートします。」
ってのは、スーツになんない訳だ… 自家撞着

また、よく聞く表現に、背広にネクタイなどという、所謂きちんとした服装でないモノを指して
「私服」…
スーツであろうが、ジャケットにネクタイであろうが、礼服であろうが、制服でなければ全て私服です。これは、きちんとした格好を「制服」とカテゴライズしちゃってるんだね… 当然、制服の定義はそうではありません。

ついでに、蝶ネクタイのことを蝶タイって略したりするんですが、普通のネクタイを棒タイって言う人がいるんですよ(<クールポコ風だね) これ、蝶ネクタイを英語で言うところのボウタイと紛らわしいことこの上ないね


昔、ファッションに無頓着な記者が
「~さんはブラウスとスカートのワンピースで云々」
ってな記事を書いて大恥をかいたってなのをどこかで読んだことがある

ご用心、ご用心

フクシマさまへ

実はそういった意味も含め「『間違った』ダンディー」というタイトルなんです…ってのはウソですが(笑)
「正装」の対義語的に「私服」というのは、すぐに違和感持つんですけどねえ。これ、意外と多くの上司が使ってて、例えば「今度の出社は私服でいいぞ」と言われると心の中で「いつも私服だよ」と思うのでした。
スーツ(suit)と組曲(suite)はスペルが似とりますが、語源は一緒なんでしょうか。どっちも「そろいのもの」という意味合いがある点では似とります。

ところで。今日の「スーツ」に当たる場所には、どういう言葉がふさわしかったのでしょーか。「背広」を調べてみたら、これも「上着・チョッキ・ズボンの三つぞろい」って書いてあるし。もう少し勉強してきま~っす。

ついでに思い出したこと

フクシマさまのご指摘で思い出したネタを一つ。
学生のころ「マンション=中高層の集合住宅」という日本語を知らず、「オレ、マンションに住んでるんだ」という友人の言葉を聞くと、「すっげー大邸宅に住んでるんだ」と思ってました。今回の誤用とは逆に誤用。誤用は御用。
そんだけ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。