スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなにオレが悪いのか♪ララバイララ…

先日、つゆまめさんとこのミヤカグさんが「ポスティングでダイエットしませんか」ってエントリーを書いてらっしゃいました。

私ねえ、即座に「近隣団地の数千戸だったら自転車で配るよ~」ってコメントをしたわけです。

汗だくになるとは思うけど、体を動かすのって楽しいから。

…っと。

それから数日後。

我が家の前に、笑顔を振りまきながら歩いている人がやってきました。

明らかに住人でない人が「こんにちは~♪」って、ニヤニヤしながら近づいて来るわけです。

ポスティングの方だろうなあと思いつつ、私もその立場になろうと思っていたわけで、笑顔を返しますわな。

そんで。

「近くの美容院なんで、よろしくお願いします」

って言いながら渡された紙に書いてあった文字は。


「縮毛矯正+カット=●●●●円」

……



あぁ、こういうこと書く時点で「逝ってよし」ですわ。

縮毛矯正?

大辞林によりますと、

「矯正」の意味は、

欠点・悪習などを正常な状態に直すこと。

って書いてあります。

ほぉ?

天然パーマの私の髪は、正常ではない「欠点」「悪習」だと言うんですかいな。

……

「多数派が正常、少数派は異常」という考えの人は、この表現の問題を提起しても、きっと反応するだけの感性を持ち合わせていないでしょう。

こういう人には、極端な例を挙げるしかありません。

例えば。

美容院のソバージュ・金髪染めの料金表のところに、

「直毛矯正+黒髪矯正」

って書いてあったら違和感を感じるのと同じということを。

……

私が高校時代、「パーマをかけてはならない」という校則がありました。

その校則の意味するところを「あるがままの自分を受け入れよう」と理解し、納得しておりました。

ところが。

近隣の同様の校則のある学校では、天然パーマの子には、ストレートパーマをかけてくるよう強制されていたのだという。

理由は。

「なんであいつだけパーマが許されるんだと、周囲の生徒への示しがつかないから」だと。

……あぁーもうぉ、絶句ですわ。

絶句っ!!と大声で叫ぶぐらい絶句です。。。ライブはゼックTOKYO。

……

そういえば、なほさんが「左利きを『矯正』すべきかどうか」って話を書いたとき、私は「右を使えるようにした方がいい」とコメントしたように思います。

その理由はあれこれありますけど、日本語の文字は左から右に書くので、筆で書くときに右手なら引き手、左手だと押し手で書くようになる。だから、将来、筆文字を使うことがあるなら、右手で文字を書く方がいい、と。

これも、今思えば、自分のことしか頭になかったんですよね。

自分が、左利きを右に「矯正」された経験だけを基にした意見だったと。

広島ブログ

私の父親は教員でした。

父親が喜ぶのは「ほかの子と同じ」ことをしつつ、少しだけほかの子より上手に結果を見せることでした。

オリジナリティなんて、見せたら最後。

「こんなん、見たことない!」

って怒られるわけですから。



現在の教育を取り巻く環境がどうなっているのか、私は知りません。

けど。仮に似たような環境だとしたら。

「他人と同じ」ことを美徳と習っていた人に対し、社会人になったら急に「自分らしさ」を求めるのってどうかと。

もっといえば。

「自分らしさを持て」とアドバイスをしてくる上司は、本音では「どうして他人と同じようにできないのだろう」と思ってるかもしれません。

………

……

あぁ。

今日は何を書きたかったのだろう。

思い出そう。。。。

つゆまめさんから頼まれたら、ポスティングを喜んでする、と。

けど、安易に「矯正」って言葉を使うのはおかしいのじゃないか、と。

そういうことかな。

私自身、子どもに対して「矯正」してやらねばと思ってやっていることが、実は価値観の押し付けになってる場合があるのかもしれません。

そんなことを自問自答しつつ。

ってなわけで、

し~ゆ~~


スポンサーサイト

Comment

No title

よくね 「あの人の性格をなおしてあげたいっ!」 とか 「なんとか心を開かせてあげたいっ!」 とかって言う人いるでしょ…
あれって実は 非常におこがましい事なんじゃないかと思うのですよ…
と 縮毛矯正&白髪染めをしているアタシが語ってみました  

No title

矯正・強制より「共生」がいいな・・・ ポソっとつぶやく。。。。

nobeeちゃんへ

まずはコメント内容の前に、nobeeちゃんが縮毛矯正と白髪染めをしていることに驚きました。ひょとして、アンダーヘアーの方ですか?

私は子どもたちには「性格を直しなさい」という言い方はせずに、「そういうことをしていると友だちが嫌な思いをするよ」とか「自分が損をするよ」と伝えるようにしてます。
と。いつも周囲から同じような注意を受けているオトナコドモの私が語ってみました。

takumi-chachaさんへ

そうですねえ、矯正を強制されるより、共生していきたいものです。
今日は絶好のダジャレにできる「キョウセイ」ネタでしたけど、書いてる途中からマヂモードに突入したんで、だらだらと書き続けてしまいますた。

同じ「キョウセイ」でも、後ろに「会」がついちゃうと、全く予想外の団体になってしまいますね。

No title

わたしの父も教員でした。

なので、わたしの名前は くみこ

誰でも読めて 誰でもわかる

オリジナリティなんて、見せたら最後。

「こんなん、読んだことない!」

って怒られるわけですから。

ちなみに 姉は まゆみ です♪

No title

はい、読んだ後、もう一度頭の整理しました。
なんとなく、納得しました。わかるような気がする・・・

こんなこと、周りにいくらでもあるんですねぇ・・

くぅーさんへ

年齢的にも昔気質ですし、マジメが服着て歩くような教員の方々は、オリジナリティーってのを認めないような気がしますね。
いつまで経っても、子どもは子どもにしか見えないようで、私の書いた記事に対し、
「こういう表現方法は教えていない」
とか言うんだもんなあ。かなりオーソドックス系の文章だったんですけど。

ちなみに(全然ちなんでませんが)姉の名はレイコ、妹の名はトモエ。
フツーですねえ。
私の名だけは、少し変わってますが、祖父が名付けたのでした。あはは。

花かんざしさんへ

寝ずに未明に更新なんかしてると、妙な文章を書いてしまいます。
最近はなかなか時間が取れないので、思ったようにブログ巡りもできませぬ。

ま、言いたかったのは、他人から見れば大したことではないことでも、本人にとっては傷つく表現のこともある。だから、自分が加害者側になることはいつでもあるので、気をつけなきゃなあ~ってことかな。
「縮毛矯正」って言葉をあえてネタにしましたけど、本気で怒ってるわけではないし、相手に悪気がないことも分かっています。
ってなわけで、し~ゆ~~

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。