スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマちっく

最近は、ちとご無沙汰ですけど。

以前は、それなりに部数のある漫画雑誌には、もれなく目を通してました。

「漫画雑誌が売れない」という嘆きの中、先週は2つのエポックメイキングな出来事がありました。

……

【美味しんぼ】海原、山岡親子が歴史的な和解

【ドカベン】岩鬼と夏子はんが結婚

……

わぁーぉ! やっちまったなぁ、おい! 的な思いを抱きつつ。

まあ、あれですよ。

私たちの世代にとって「いずれ、そうなるんじゃろ?」と思わせつつ、「でも、結局はそこまで描けんのじゃろ?」ってな感じを読者に思わせるのが漫画の長寿を保つ一因でもあったと思います。


………

そんなわけで。

ワタクシが、長寿漫画のあっと驚く展開を考えてみました。

まずは、「島耕作」シリーズ。

つい先日、社長になったばかりですけど。

ここは一気に。



「財団理事長・相談役 島耕作」




島耕作の人生はまさに「団塊」なんですけど、主読者はポスト団塊とか、団塊ジュニアなんですな。

つまり。「こういう人に(すぐ)なりたい」というより、「こういう人に(将来は)なりたい。上司に欲しい」という目で見られているわけです。

ってことは。

島耕作のリタイア後ってのは、今の時代、めっちゃ注目の的。きっと、相談役とかで経営にアドバイスをしつつ、自身は初芝財団か何かを設立して、ボランティア活動とかやってそうだと思うわけです。

そんで。ボランティア活動でバッタリと大町久美子と出会うんだな。しかも抱いた直後に、その娘とも懇ろになって「親子3代と男女の仲になったよ」ってなことを口にしたり。

……っと。このブログは18禁ではないので、この辺で。


………

……



もうひとつ、仕掛けて欲しい漫画は。


ちびまる子ちゃん。


いしいひさいち氏もやってますけど、新聞連載4コマ漫画にストーリー性を持たせようとしてます。

そういう意味で、さくらももこさんは「新聞4コマ漫画で、好きなことを描ける」日本で数少ない漫画家であります。

新聞の4コマ漫画なのに。

1週間続けて読まないとオチが来ないときもあるんですわ。

ここは一発。

マスコミ各社を「大発表です」と集めておいて。



「花輪君か丸尾君がそのうち、まる子の姉にコクります」って発表しちゃいましょう。


マジメなマスコミ人ほど「花輪って誰ですか?」「丸尾って商社マン?」みたいに右往左往するんでしょうな。

で。

連載漫画は淡々と進み、新聞読者が忘れたころに突然「付き合ってください」ってなセリフが出るわけです。

えぇ~~~~!!っという読者が駅売りに殺到して、中国新聞は、ン百万部を売り切る、と。

………

ま、あれですよ。

いしい氏と、さくら氏は、世相に対する嗅覚ってのは同じように鋭いんだと思います。

その嗅覚を漫画にちりばめてくるのが、いしい氏。

「それ知ってるけど、私は他に描きたいことあるから」って姿勢で臨んでる気がするのが、さくら氏。

表現者としての背水が見え隠れするので、どっちにも成功してほしいなあと思うのでした。

広島ブログ

長寿漫画といえば、「こち亀」がありますた。

しっちゃかめっちゃかの「こち亀」は、驚く展開がつくりにくいですな。

私が考えるレベルでいうと「麗子、中川より両さん選ぶ」的な恋愛ものか、もしくはもっとシビアに「両さん、懲戒免職」的なストレート話題か。

どっちにしても、漫画的には辛~~い展開ですなあ。


……


何か、よー分からんエントリーになっちまいましたが。


ってなわけで、

し~ゆ~~


スポンサーサイト

Comment

No title

古本屋まわりもようやく終止符、美味しんぼ100巻そろえました。士郎と雄山の対立に終止符の件ですが、個人的には引っ張りすぎた感がありますのでちょっと安心しました。私は雄山が士郎の家をたずねた時点で和解したものと考えてました。90巻あたりからもうこの連載も長くないなと思ってました。私は10巻くらいまでのアウトローな山岡士郎が好きですね。

No title

美味しんぼ、まだやってたんですか!
旦那が山岡さん結婚の巻あたりでギブ、
古本屋に売り飛ばしてしまいましたから…

いや、さくらももこさんの自由ぶりには
うらやましい限りです。
身分違いな私にはできません(笑)

うてきなぷりぱさんへ

士郎が結婚した後、何度か雪解けっぽい時期がありましたからね。
確かに引っ張り過ぎのような気もします。というか、このまま永遠に和解しないのかもしれないとも思ってました。
最近は漫画雑誌の売り上げが落ちてますから、こういう起爆剤的なことが必要なのかもしれません。
最初のころの士郎は、かなりアウトローでしたねえ。顔つきも、ひねくれた感じだったし。いつの間にか、真人間になってしまいました。「あぶさん」も、そうだったなあ。

なほさんへ

美味しんぼ、まだやってるんですよ。
…って、最近は私も読んでませんでしたが(苦笑)

さくらさんは、色んな意味で「読者に媚びない」漫画家ですもんね。
この地位を確立するためには、苦労もあったんだと思いますが。
毎日続けて読まないとストーリーが分からない4コマ漫画は、新聞を毎日開くという習慣をもたらしそうなので、新聞社的には歓迎してもいいのかな、と。
ただ、まあ、読者からすれば賛否あるみたいですけど。

なほさんも、今度、自由ぶりを発揮しちゃいますぅ?(笑)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。