スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大賞の対象は…

「ミスコン」といえば。美しい女性を選ぶコンテストがフツー。

最近は「女性を好奇の目で見るのはよくない」とかの理由で、中止されることもあるみたいですけど。

そんなことを考える心根が卑しいのではないかと。

……

で。

今日はミスコンはミスコンでも変換ミスの話。

日本漢字能力検定協会が、変換ミスを集めた「年間変漢賞」ってのを発表しました。

漢字能力検定協ってのは京都にあって、毎年末、清水寺で「世相を現す漢字一字」を発表してるとこといえば、「あぁ知ってる」って人も多いかも。

………


で。

今年の大賞は、

「うまくいかない画像サイズになった」



馬食い家内が象サイズになった

…だそうな。

にゃはは(失笑)

馬ごと食べる妻だったら、象サイズになっても仕方ありませんな…

……

と。

私も試しに「うまくいかないがぞうさいずになった」を、ことえりさんで一発変換してみました。

結果は、

うまく行かないが贈サイズになった

…惜しい。。変換ミスするなら、もう少し笑わせて欲しい。

……

ま。

最近はワープロソフトの能力がアップしたので、爆笑できる変換ミスは減りましたけど。

逆に、ソフトに信頼を置く分、重要な文書で「ありゃ?」的なミスが出てるのも事実。

ちょっと古い機種のケータイからのメールだったら、まだまだ爆笑レベルのものもありますけどね。

広島ブログ

私の場合。

仕事で変換ミスをやらかすと給料が減っちまうことになるんで、かなり気をつけて読む癖をつけてます。

けど。ブログの時はわざとそのままにしてみたり。

やっぱ、プライベートでは緩~い気持ちになりたいでしょ?



ってなわけで、

し~ゆ~~

スポンサーサイト

Comment

広島風呂具

ここにお越しの圧倒的多数派はこの変換でしょうか?
あと「ん」と「な」行の入り混じった熟語の変換にイライラさせられることがしばしばあります。
自分だけかな?(笑)

No title

わはは。ほんとびっくりするような変換されることありますよねぇ。
うちのPCは、つまんない変換しかしてくれません(いや、頭いいってことか?)。

つか、かげさん、まぢでうちのにーちゃんと似てるかも?ww
同じネタの日記書いてましたww

そういや、プロフィール画像が変わったのはいつからですかね?
携帯から覗いてるとわかんないんですよね、こういうの。
会い巻く・・・愛巻く・・・愛幕・・・むむ。普通に「あいまっく」で変換したらiMacと
変換してくれるのね。なんだつまんないっ。

変な変換

ほんま、けっこうありますねぇ
でも、わたしは打ち間違いが一番多いです
指が老化してるのかも・・・しれん・・

No title

うまくいかない画像サイズになった

…ものすごいそのまま変換されてしまいました。残念…

昨日のコメ、とてもジーンときました。
でもお母さんのお気持ち、すごく分かります。

ハッスルカーンさんへ

さすがに、最近は「ぶろぐ」は一発で「ブログ」と変換する方が主流みたいですね。
「ん」と「な」は確かに、少し面倒かも。
ローマ字変換で、次に母音が来ないときは「ん」を「n」、母音のときは「nn」で使い分けていると、たまにパンチミスで全然違う文字になってしまいますもんね。
チャットのよくある変換ミスの例で
「おんあの方ですか」
っという文字列が紹介されているのを見たことがあります。

しいたさんへ

以前はびっくりさせる変換ミスがよくありましたよね。
10年近く前、ボンダイ(イラストのやつね)の「ことえり」さんで「しゃしんさつえい」を変換すると、いつも「写真薩英」と一発目に出てきて、「お前はアフォか! なんでこの場面で薩摩と英国なん?」と、パソコンに向かって独り言を言うてました(笑)

私とお兄さんが似てる?
次からは私に会ったら「お兄ちゃん」って呼ぶように。(←どんなプレイやねん…)

ふかさんへ

最近はワープロソフトの精度が上がったんで、パンチミス+変換ミスの相乗効果(?)がないと、なかなか爆笑ものは出てこないですよね。
以前、車のCMで、母親が子どもに向かって「パパ、いる?」と尋ねると、子どもたちが「パパいらな~い」と答えるのがありました。「いる⇔いない」「いる⇔いらない」の活用の違いを使った面白いCMだなあと思いました。
…って、全然、違う方向の話題になってしまいましたが。。

これからもガシガシとパンチミスをして、笑わしてください。

なほさんへ

あはは、変換ミスしない方がいいんですよ、本当は。
この大賞に選ばれたやつも、本当は変換ミスしたわけでじゃなくて、一生懸命に考え抜いたネタかもしれないですしね。

自分が親という立場になり、あらためて自分の親のことを思うと、悲しい思いとか、辛い思いをさせたのだろうなあという恥ずかしい気持ちでいっぱいです。
実家に帰るたび、顔を合わすと「体には気をつけなさい。お酒は飲みすぎないように」ばかり言われるので、「1回言われたら分かっとるわ!」という返事をしていたのが20代。もう私も40代になろうかというのに、言われる言葉は同じ。けど最近はようやく「分かった。お母さんも気をつけてね」と返事ができるようになりました。いつまでも子どもだな。

No title

変換ミス&ただの打ち間違え&文章が変は、しょっちゅうでございます。
新聞社のブログだけは気を付けようと思っているのですが、コメントがいつも長いもので(笑)。
メンバーが広ーいココロで読んでくれているんだろうと思っています。

金ちゃんへ

今のネット界の状況を考えてみますと、逆に、変換ミスのない文章の方が人間味がなく、ちょいと間違えるぐらいの方が愛嬌があって良い、というような受け止めのような気がしますね。
私が新聞社のブログを書く場合と、読者である金ちゃんがブログにコメントをする場合の心構えは違っててもいいんじゃないかなあ。私たちは、いうてもそれで飯食ってますんでアレですけど、コメントの場合は誤字脱字云々ではなく、書いてもらえることの喜びの方が大きいですから。
最近は返信コメントをちゃんとしないメンバーが増えてますけど(今度、小言を言うときますw)、これからもジャンジャンお願いします。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。