スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報

こんにちは。

人生はかない。死んだら墓ある方がいい。



ネットニュースの優れている点は速報性。

特に、訃報記事が掲載されると、すぐに読みます。

昨日、目に留まったのが、山本小鉄さんと三浦哲郎さん。

驚いたのは「山本さんは68歳って、意外と若い」と思ったこと。

「三浦哲郎さんって、存命だったんだ」と思ったこと。

「忍ぶ川」で1961年に芥川賞を受賞した三浦さん。

高校時代、国語の授業で「忍ぶ川」を含む短編集を読みました。

高校1年だとすると1984~85年ごろ。作品が発表されてから、四半世紀が経過しています。

私の中では、芥川本人と同じ歴史上の人でした。



その「忍ぶ川」。

初めて読んだ時は、衝撃でしてねえ。

誤解を恐れずに、その時の感想を一言で言うと、


純文学ってエロい


裸のまま布団の中で人肌を感じるって、ドキドキするシチュエーションだなあ。

沈み込むように柔らかい女性の胸って、一体どんな人なんだろう。


そういうのが体験できるんだったら、早くオトナになりたいっ!

…っと、かなり本気で思ったものです。

それから年を経て、時々、思い出しては読んでいました。

享年79歳。

ご冥福をお祈りします。

広島ブログ

そんなこんな。

私もオトナになり、人肌が触れ合うと「暑いっ! 離れて!」と、妻から愛の言葉をもらえるような立場になりました。

久しぶりにまた「忍ぶ川」を読んでみようと思ったのですが。

せっかくのネット時代。

オーディオブック(500円)をダウンロードしました。

先日は太宰治の「人間失格」(無料)朗読を聴き、沈んだ気持ちになったんだけど。

「忍ぶ川」なら、そんなことはありますまい。

未読の方は、この機会に純愛、純文学に触れてみてはいかがかしら。
高校生諸君、エロい想像は脳を活性化するよ

…ってなわけで、

し~ゆ~~

スポンサーサイト

秋の毛生え

こんにちは。

めっきりセミの鳴き声が聞こえなくなってきました。

夜になると、もう鈴虫が鳴いて…ないか。まだ早い。




昔から「暑さ寒さも悲願の優勝」と言う通り。


高校野球が終わると、何となく暑さも引いてくるような気がします。


が。


今年は残暑が厳しいざんしょ、という予想のようで。

予想する人によれば、10月まで暑いんだそうな。

こんな、残暑の厳しい年。

プロ野球のナイトゲームを観るには、寒くなくて好都合なのですけど。

地元球団の実情は、お寒いばかりで。

まあ、こんな時だからこそ、応援しなくちゃだわ。

広島ブログ

そんなこんな。

オトナになって、夏バテしないようになりました。

夏だというのに、いつも大汗をかいているのに、体重は減らない…

夏バテして、体重が落ちていたころが懐かしくなってしまったり。

…ってなわけで、

し~ゆ~~

オフ会といふもの

こんにちは。

人生、常にオンでいきたいと思ってます。

……



20日。花の金曜日。ズムスタに野球観戦に行ってきました。

広島ブログオフ会っつーことで、面識のない方も何人かいらっしゃいまして。

岩本をウエスタン時代から見続けて「こいつは思い切りが足らん」と苦言を呈していたおじさん。

広島に来たばかりで、野球そのものが珍しいイタリア人カップル。

初めての人だったんで、その人を中心に会話してたんですけど。

オフ会メンバーじゃなかったみたいですね。

私、あまり英会話が得意じゃなくて。ヒヤリングが。
日本語でも聞くより話すばかりですけど。

イタリア人に「どっから来たの?」と尋ねた時、その答えが、


三谷


と聞こえたのはヒミツです。
イタリーって言ってたのねん。

その日のうちに帰宅するつもりだったのですが、

どこかで何かが壊れまして。

JRの始発まで飲み、しかも乗った後、気を失って山口県は大畠までの小旅行。

普段から糸の切れた凧みたいな生活してますけど、さすがに妻も呆れてました。

広島ブログ

そんなこんな。

デーゲームだったら、どんだけ飲んでも始発にはなるまい。

…ってなことを言うとったら、誰も呼んでくれなくなりますね。

お酒はほどほどに。睡眠は十分に。

ってなわけで、

し~ゆ~~

応援テーマ

こんにちは。

高校野球の応援といえば、吹奏楽がつきものです。

私、高校から吹奏楽をやっています。

ところが。

在学中、一度も高校野球の応援に行ったことがありません。

うちの高校、夏休みに入る前の試合は応援に行かないことになってるんです。

んで。

私が在学していた3年間、すべて夏休み前に敗退してしまいましたとさ。

……



はいじさんも書いてたように、スタンドからの応援曲には、いくつかの定番があります。

「狙いうち」「サウスポー」などの昭和歌謡に加え、平成時代の代表曲がX JAPANの「紅」


「べに」ではなく「くれないだーっ!」と叫ばないと、最近の若い子は読めないかもしれません。

息子(4歳)は当然、この曲を知りませんから、一緒に高校野球を見ながら「この曲は、く・れ・な・い、っていうんよ」と教えてやりました。

すると、息子。


「くれない? なんで、もらえんのん?」


お?

確かに「くれない」を深読みすると、勝利をもらえない曲。

曲名ってのは、ひょっとしたら大事なのかもよ。

広島ブログ

そんなこんな。

私は「サウスポー」の出だしの歌詞を子どものころ、

「背番号1の すごいやつが あ、居て♪」

だと思ってました。

「妙なところに『あ』という合いの手が入るんだなあ」と。
正しくはこちら⇒

高校野球が終わるころ、秋が来るのだなあなんて思いつつ、

し~ゆ~~

怪しくないですから

こんにちは。

ブログを更新しているところを見られるのは、入浴を見られるのと同じレベルです。

男ですんで、どちらも恥ずかしくはありませんが。

……




例えば。

家族が通る場所のパソコンがあったりとか、ひょっとしたら、業務の合間にブログ更新している人もいるかもしれません。

ケータイからなら、中身を見られることはありませんが。

デスクトップのパソコンの場合、チラ見される可能性があります。


と。


仮に、ブログを更新している時、横を上司が通ったとしましょう。


「お? 休憩時間にブログ更新かい?」


と声を掛けられるぐらいなら、まだかわいい方。

FC2を使っている人が気をつけた方がいいのは、広告。

トリンプ
控えめに小さく表示しています。

「変わり種下着」発表でお馴染みの、トリンプ。

トリンプだけではないのですが、更新終了後、画面に大きく広告が出ます。

これ。

場合によったら、


「お? 業務中にエロサイトかい?」


と声を掛けられかねません。

広島ブログ

そんなこんな。

誤解も五回続くと「理解」になります。

李下に冠を正さず。

利香に現金を渡さず。

なんのこっちゃ分からなくなったので、

し~ゆ~~



ご麺なさい

こんにちは。

初対面の人にいきなりダジャレをカマし、どぎまぎする相手の顔を見るのが好きです。




と。


昨夜。

酔っ払ってtwitterでつぶやいていたら、一文字弥太郎さんが乗ってきてくれまして。

一文字さんといえば、私たちの年代だと「びしびしばしばしらんらんラジオ」でお馴染みの「謎の覆面ラジオパーソナリティー」。

私はかつて、びしばしの投稿を新聞に掲載する「紙上録音」のリライトを担当していたことがあります。

ラジオを聴いていた時には面白い投稿だったのに、私が文字に打つと、そうでもないことがありまして。

やっぱ、一文字さんの読み方があってこその面白投稿なのだなあ、と思いを新たにしたのでした。



せっかくなので、私と一文字さんのダジャレトークを「紙上録音」。

ってか、元ネタも文字情報なんですけどね。



かげさん:「夜のラーメンは太るし体に悪い」と思って我慢して帰ったのに、自宅で寝る直前にラーメンを作って食べてしまい、余計に体に悪いことをしてしまいました。皆さんもお気をつけて。

一文字さん:すっごいわかる。今、作りたいもの。ラーメン・・・

かげさん:食べてください。深夜のラーメン、すっげーーーうまかったっすw 悪魔の囁きですね。

一文字さん:魚肉ソーセージで耐える。

かげさん:なるほど、チャーシュー乗せる代わりに、ギョニソー乗せる、っと。

一文字さん:ちゃうちゃう!ラーメンは食べないの。

かげさん:えっ! まさかの、ギョニソー麺ですかっ!!…ってな、面倒臭い突っ込みをしてしまってすみません。

一文字さん:深夜に、そんなボケがうれしいよ。最近、無意味なボケがなくて。ありがとう!

かげさん:お休みなさい。なんか、まだ起きている皆様。

一文字さん:おやすみ・・・ん。

かげさん:憧れの@1350yataroさんと会話できて、思い残すことなく眠れます。あー、麺。

一文字さん:うまい!座布団2枚進呈!・・・ラーメンだけに、のびてしまいましたね。

かげさん:私の頭をフル回転して出汁ました。ラーメンだけに。

一文字さん:すごいね、豚コツコツ努力している。

かげさん:なせばナルト父から教えられました。

一文字さん:まいった。これで終わりにするよ。ごメンマ!


広島ブログ

そんなこんな。

私のひと夏の思い出として、ブログに刻んでおきますわ。

…ってなわけで、

し~ゆ~~

本末転倒

こんにちは。

40歳を過ぎると、不健康自慢が挨拶です。



人間40歳過ぎると、あちこちガタがきます。

「オレ、健康診断の数値は全部クリアだったよ」

なんてことを言っても、


「ふーーん。で?」


で終了。

いかに血圧が高いか、どんな薬をのんでいるか、医者にどれだけ罵倒されたか、そんな話を肴にお酒飲む人、いっぱーい。

私はまだ、のまねばならない薬を常備していないので、そういう話題になると肩身が狭い。

そんな中。

健康志向の冊子から不思議なタイトルを発見しました。

どーぞ。


脱


いいですか、ちゃんと読んでくださいよ。


健康長寿こそが脱メタボへの道


メタボは人間にとって「悪」です。

メタボを退治しなければ、人類の将来はありません。

メタボにならないために、まずは健康長寿になりましょう。



…って、おいっ!


これ、逆なんじゃね?


ご丁寧にも連載は「第8回」で、しかも「後編」。
結局、合計で何回続いているのかしら?

広島ブログ

そんなこんな。

私も最近、ちょいとお腹周りが太くなってきました。

脱メタボのために。

まずは、長生きすることにします。

…ってなわけで、

し~ゆ~~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。